【第91回センバツ高校野球大会注目選手】プロ注目!横浜高校の最速153キロ左腕・及川雅貴選手(2年)


第91回センバツ高校野球大会 注目選手!

今回紹介するのは
横浜高校最速左腕・及川雅貴選手

プロフィール

千葉県須賀小学校3年時に軟式野球を始め、小6で千葉ロッテJr.チームのセレクションを受け見事合格。八日市場二中では匝瑳シニアに所属し、中3ではU-15中学日本代表に選出。

183センチ・74キロと長身細身の、プロ注目の153キロ左腕だ。

また、「オヨヨ」と可愛らしいあだ名が付けられている。

及川雅貴の実力

入学後、1年春からベンチ入りする。
1年生ながら県大会決勝(東海大相模戦)に先発として出場するも1回1/3を6失点(自責点4)の苦投でマウンドを降りる。

1年夏の神奈川県大会2回戦(南戦)を4回1被打と好投する。(7回コールド12対0)
8割ストレートが占める投球で6奪三振と、視察したヤクルトスカウトから高い評価を受けた。

甲子園大会初戦(秀岳館)で中継ぎとして最速142キロを記録したストレートにキレのある(2種類の)スライダーを交えて3回0点に抑えるも初戦敗退。


・甲子園(秀岳館戦)

続く1年秋の神奈川県大会、準々決勝(鎌倉学園戦)に先発で出場するも2回1/3を6失点と打たれて8強で敗退。

2年春には150キロを記録するまでに成長した。一冬で8キロも更新するのは並大抵の努力では成しえないことだと思う。

その2年春の関東大会、準々決勝(木更津総合戦)で中継ぎとして登板し最速150キロを記録するも被安打8と打たれ敗退する。

2年夏の神奈川県大会では4回戦(藤沢清流戦)に先発し3回を投げ2失点するも5奪三振と好投した。続く準々決勝(立花学園戦)も先発で出場し5回1被打、6奪三振、与四死球1と活躍する。

準決勝(星槎国際湘南高校戦)に中継ぎで登板し4回1/3、6奪三振も4失点と課題が残る試合となった。決勝(鎌倉学園戦)では勝利投手となる。

甲子園大会では計7回1/3、10奪三振を記録。
2回戦(花咲徳栄戦 昨年優勝校)で先発し6回1/3、7被打、8奪三振、4失点と粘りの投球を見せ勝利を収めた。


・ブルペン投球

・花咲徳栄戦(8奪三振)

その後の練習試合で153キロを記録した。

最後に

左腕であれ程投げられるポテンシャルは計り知れない。

名門・横浜高校のエースとしてのプレッシャーは、かなりのものだろうが負けないでほしい。

センバツも楽しみだが、夏までにどれだけ成長するのか今から楽しみだ。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!