DeNA伊藤裕季也の決勝弾で立正大が優勝‼


明治神宮大会決勝は9年ぶりのVをめざす立正大と、初の決勝へとコマを進めた環太平洋大との激突となった。立正大はDeNA2位指名の伊藤裕季也(いとう ゆきや)と楽天7位指名の小郷裕哉(おごう ゆうや)のドラフトコンビの活躍で9年ぶりの優勝に返り咲いた。

立正大は2対4と2点をリードされて迎えた8回に打線がつながる。先頭の平田(3年)がセンターへの2ベースを放つと1死3塁で3番小郷がセンター前にタイムリーを放ち3対4と1点差に詰め寄る。

そして続くバッターはこの日ここまでノーヒットの4番の伊藤裕季也。誰もがホームランを期待する中、伊藤が初球を振りぬいた打球は打った瞬間にわかる逆転の2ランホームラン。

立正大はさらにこの回もう1点を追加しこのまま6対4で逃げ切って9年ぶりの明治神宮大会優勝を決めた。頼れる4番キャプテンの伊藤裕季也は今大会ここぞの場面で2本の本塁打を放ちチームの優勝に大きく貢献した。

伊藤裕季也 今大会成績

打率.500(10打数5安打) 2本塁打 4打点
●2回戦(vs 九州共立大)
2打数2安打 本1 打点2 四球1
●準決勝(vs 関西国際大)
4打数2安打
●決勝
4打数1安打 本1 打点2

小郷裕哉 今大会成績

打率.500(8打数4安打) 3打点
●2回戦(vs 九州共立大)
2打数1安打 1四球
●準決勝(vs 関西国際大)
2打数1安打 2打点 1四球
●決勝
4打数2安打 1打点

横浜のドラフト上位指名選手はこちら

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!