東大が明大の完全試合はなんとか阻止するも42期連続の最下位が確定する…

明大先発の森下暢(3年、大分商)が9回被安打1 1失点完投の力投を見せた。しかし試合は東大先発の有坂も9回を被安打6 1失点と粘投を見せ引き分けで終わり明大が先勝していたために勝ち点1が明大に入った。これで東大は42期連続の最下位が確定した。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!