粘投の日本ウェルネス五十嵐

日本ウェルネス高校、日大三を破った目白研心に勝利!


10月13日(土)  神宮第2 10:00 開始。
日本ウェルネス高校が、1回戦で日大三を破り勢いに乗る目白研心に接戦の末、1−2で勝利を飾った。
2回表、目白研心は日本ウェルネス先発左腕、五十嵐から、4番山田が四球を選ぶと、犠打で2アウトランナー2塁から、先発の6番玉木レアンドロが左前へ運び先制。
その後も目白研心は、ヒットを重ね責め立てるが、五十嵐の粘投の前に、追加点を奪えず。

対する日本ウェルネスは、MAX147km/h右腕、玉木を攻めきれず、初回3番大田の中前打以降、安打が出ず攻めあぐねたが、5回裏、7番清水の左越ホームランで同点とした。
7回裏、日本ウェルネスは先頭の4番井上が遊内野安打で出塁し、5番稲嶺の犠打で1アウト2塁とチャンスを作ると、目白研心玉木の6番窪田、7番清水に対する連続暴投で得点し、勝ち越した。

目白研心は9回表、敵失、連続安打で1アウト満塁と責め立てるが、最後は日本ウェルネス五十嵐の粘りのピッチングの前に得点できず、力尽きた。
1回戦で日大三を破り注目された、目白研心は投打に活躍する玉木を中心に責め立てるも要所でのミスが響き、2回戦で姿を消すことになった。
日本ウェルネスは、3年連続16強進出。次戦は初のベスト8進出をかけ、21日(日)10:00〜 神宮第2球場で、都立片倉を破った東亜学園と対戦する。

粘投の日本ウェルネス五十嵐
粘投の日本ウェルネス五十嵐

好投手玉木結大レアンドロは投打に活躍するも敗戦。
好投手玉木結大レアンドロは投打に活躍するも敗戦。

ピンチに声を出しナインを鼓舞する一塁手大田は1回戦から5打数連続安打
ピンチに声を出しナインを鼓舞する一塁手大田は1回戦から5打数連続安打

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!