あの清宮の弟が早稲田実業に新たな希望の星?


高校通算111本(歴代最多)のホームランを放ち、現在日本ハムで活躍する清宮幸太郎には弟・清宮福太郎選手がいることはみなさんご存知であろうか?

身長は178cm体重93kgとすでにプロ野球選手並みの体格をしておりポジションは一塁手で右投げ右打ち、現在中学2年生で兄と同じ調布シニアで2年生ながら中軸を任されていることから、野球の実力も兄に負けていないことがわかります。小学生の時に兄・幸太郎は2012年に東京北砂リトルで世界一になっているが、弟・福太郎も負けじと同じ東京北砂リトルで2015年に世界一となっている。さらに兄・幸太郎のホームランは中学1年生だが、弟・福太郎君はその世界選手権のメキシコ戦で代打出場しいきなり初ホームランを放っている。また福太郎君は今メジャーリーグで大谷翔平が二刀流で話題となっているが、そんな大谷選手と同様に二刀流に挑戦しているようだ。そんな福太郎選手がもし2年後に早稲田実業に進学したとしたら、清宮フィーバーがまた高校野球に訪れることは間違いない。そしてプロ野球に兄弟そろって活躍する日は近いかもしれない。今から野球界にとってとても楽しみな選手である。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!