ドラフト候補選手特集 ~根尾昂

ついに2018年プロ野球ドラフト会議が明日に迫ってきた。ここでドラフト前に今注目されているドラフト1位候補について、明日のドラフト後には2位以降で指名された選手について取り上げていく。第1回の今回は今ドラフトで一番の注目を浴びている大阪桐蔭・根尾昂についてまとめてみよう。

<<根尾昂ってどんな選手?>>

まずはなぜこんなに根尾昂が注目を浴びているのか?「二刀流で大谷翔平の再来!」「甲子園で活躍してたからに決まってるじゃん!」
確かにその通りなのですが…、実は3年前からすでに大器の片鱗をのぞかせていたのです。当時は地元岐阜県の「飛騨高山ボーイズ」に在籍していて中学生ながら投手として最速146km/hのストレート、打撃では右へ左へ強い当たりを連発、守っても…っていっても「百聞は一見にしかず」この動画を是非見てみてください。


<<甲子園では大阪桐蔭の主軸として大暴れ>>

中学を卒業して大阪桐蔭に入学後、名門野球部で1年生ながら背番号「18」として夏の大会のベンチ入りを果たすと秋季大会では1年生ながら4番ショートさらには投手としても主力として名を連ねるようになる。2年生春の甲子園では優勝、3年生となった2018年には甲子園で史上初2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭で投手としても野手としても大車輪の活躍を見せ、おおいに甲子園を沸かせた。最後の夏の甲子園では6試合で打率・429(21打数9安打)、3本塁打、5打点 投手としては甲子園通算7試合に登板して42回を投げ防御率は圧巻の1.93を記録している。

2018年夏の甲子園 打撃集

ピッチング

<<プロにいっても二刀流は続けるの?>>

これが一番気になるところ、数年前までプロ野球で二刀流をするなど言語道断で誰しもが「できるわけない。」「不可能だ。」「プロ野球を舐めるな。」と口をそろえて言っていた。しかし時代は変わった、大谷翔平が日本ハムで二刀流として堂々たる結果を残し海を渡った。彼の存在によって二刀流は解き放たれたのだ。しかし根尾昂も二刀流で通用するとは今の段階では私は残念ながら思えない。まずポジションが遊撃手と投手の二刀流は1年を通して疲労面で追いつかないだろう、遊撃手は外野手と比べても運動量がはるかに多いしサインプレーなど頭もフルに使う。可能性があるとすればパリーグで大谷翔平同様、疲労のたまりにくいDHで打者出場しピッチングのために体を休めるといったことが必要だと思う。
そしてなにより私が感じるのは投手としてはまだまだ粗削りすぎるし、大谷翔平と比べても物足りなさを感じてしまうことだ。大谷翔平の高校時代の投球の動画を見てもらいたい。

大谷翔平投球

大谷翔平の高校時代のストレートと根尾昂の甲子園でのストレートは動画で見る限りでもかなりの差があると思う。今のまま二刀流を継続しても投手そして打者としても中途半端で終わってしまうのではないかと私は不安を感じずにはいられない。

<<じゃあ根尾昂は二刀流やめた方がいいの?>>

確かに今のままでは通用しないと思うが彼にはもう一つの才能、そして大きな武器になるものがある。それは「頭が良い」ことだ、偏差値はなんと70もあり大学受験をするならば国公立理系すらも全然目指せるほどだ。特に印象的なエピソードは高校で選択科目を決める際に大阪桐蔭・西谷監督に「選択科目で物理をとるべきでしょうか?」と相談していたことだ。おそらくボールに対してどの角度でバットを当てれば飛ぶかなどそういったことを学ぶべきか考えて相談していたのだと思うが、常日頃から全てを野球に活かそうと考えているからこその発想だと思う。ここからテストだけできるようなただ「頭がいい」だけでなく、学んだ知識を自分にどう活かすかを考えられる「頭の良さ」を持っていると感じた。プロ野球に入ってもその「頭の良さ」を活かし、先輩の選手のプレーやコーチのアドバイスなど多くのことを柔軟な頭で吸収していけばさらなる成長が彼の二刀流を後押ししてくれるだろうと思う。そういったことを踏まえて私は不安も抱きながらも、彼の将来に期待を感じざるをえない。

<<最後に>>

明日のドラフト会議では根尾昂に8球団競合といった可能性も出てきている。私は大谷翔平を育てて二刀流のノウハウがある日本ハムに行ってほしいが…どの球団に行くのか、注目である。プロ野球ドラフト会議は明日10月25日17時から開催される予定だ。ぜひ次世代のスターがどこの球団に行くのか、1位競合のくじ引きの緊張感や決まった瞬間の歓喜をリアルタイムで見てもらいたい。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!