勝敗を大きく左右するプレーの1つ「走塁」 効率の良い走塁とは?

試合の中で、チーム力として差が現れ、勝敗に大きく左右するプレーの一つ。それは走塁です。

ベースターンの重要性も、もちろんですが、効率の良い走塁をするためには、ランナーコー チの指示を頼るだけではなく、走者自身の判断の仕方も重要になってきます。

皆さんは、次の塁 を狙うか、進塁せずにストップをするかの判断をどのように行っていますか?

走塁に関して、プロ野球以外の野球を見て感じることは、進塁かストップの判断をランナーコー チに頼りすぎているチームが多いということです。

ランナーコーチに頼りすぎてしまい、走者の意思とランナーコーチの指示に違いが出た時に、ベース付近でスピードが落ちてしまい進塁できない ケースなど、“効率の悪い走塁”になってしまっていることが多く見られます。

そういった効率の悪さ をなくすためにも、自分の目で見て判断をすることが大切になります。

ランナーとして走っている時でも、ほとんどの打球を自分の目で確認することが出来ます。この 時に、ある程度まで後ろを見ても構いません。練習をして慣れることで、ある程度後ろを見ても スピードを落とすことなくベースランニングをすることができるようになります。

そして、自分の 目で見て判断をしたほうが良い理由として、走っている時に自分で判断をするので、次の塁を狙う時に迷いがなくなります。迷いがなくなることによって、スピードを落とすことなくベースター ンをすることが可能になり、得点をするチャンスが広がります。また、走るスピードや走塁の技術 は、自分自身が一番正確に把握することが出来ているので、進塁するか、進塁しないかの判断は自分で行ったほうが良い結果を生みやすくなります。

では、いつランナーコーチの指示を見るのか

それは、背後など自分の目で見えない場所に飛んだ打球に対してランナーコーチの指示を見ます。

例えば、ランナー1塁の時のライト線の打球です。打者が打った瞬間にある程度、2塁でストップなのか、3塁まで進塁できるのかの判断はすることが出来ます。

しかし、完全に背後の打球になるためライトの打球の処理を確認することが出来ません。ファンブルをしていないか、フェンスに跳ね返ったクッションボールの判断を誤って いないかなどの情報を自分の目で確認することが出来ないため、ランナーコーチを頼ります。

ランナーコーチの指示を頼ることによって、ライトがミスをした場合にスピードを落とすことなくホームへ向かうことが出来ます。ライト線以外の打球処理の成否ついては、可能な限り自分の目で見て判断をするようにしてください。

自分で判断をするためには、相手野手のポジショニングについても、把握しておく必要があります。必ず投手が投球をする前に、各野手がどのようなポジショニングをとっているのかを確認してください。一球一球状況は変わるので、その都度確認をすることも大切です。

走塁技術の高いチームほど、得点のチャンスをものに出来る確率が高くなり、試合を優位に進 めることが出来ます。是非、練習をして自分の目で見て判断が出来るようにしてください。個人と しても、チームとしてもレベルアップをして、楽しく野球に取り組んでもらえたらと思います。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!

About Author 〜著者について〜

今浪 隆博

今浪 隆博

1984年7月6日生まれ。福岡県北九州市出身。 平安高校、明治大学を経て2007年北海道日本ハムファイターズに入団。2014年東京ヤクルトスワローズに移籍。2017年現役引退。 現在は、選手時代の自身の病気の経験から、アスリートが抱える『メンタル面』での問題を解消し、より高い成果を出すためのサポートをしたいと一念発起し、スポーツメンタルコーチの資格取得し、メンタルコーチとして活動中。日本スポーツメンタルコーチ協会認定スポーツメンタルコーチ。