さあ、新チーム!君はどこを守る?

皆さんの中にはこういった経験のある選手がいるのではないでしょうか?「複数のポジションをやっている」。私も、もちろん経験があります。私の場合は、サード、ショート、セカンド、ファースト、外野。ピッチャーとキャッチャー以外のポジションは、実際にプロ野球の一軍の試合で守った経験があります。もちろん、複数のポジションをこなすことは簡単ではなく、各ポジションの特徴を掴むまでは、苦労をしました。

まず、考えてほしいことは各ポジションによって、打球を処理してから送球をするまでの時間の使い方が異なるということ。捕球をして送球をしてアウトにするという流れの時間が、各ポジションによって違います。
ということは、打球に対してのチャージのかけ方や、握りかえる際に早く握りかえる必要があるのか、余裕を持って握りかえることができるのかなどが変わってきます。
複数のポジションを守る必要のある選手で、上手くいかないと感じている選手は、一度この時間について考えてみてください。上手くいかないと感じている選手の多くは、本来は時間に余裕があるのに、焦ってしまってミスをしてしまっていることに気がつく選手が多いと思います。

次に考えてほしいことは、各ポジションは守っている角度が違うということです。
角度とは、バッターを見ている角度、そして、送球をする角度のことです。

例を挙げると、ショートはファーストへの距離が内野手の中で一番遠いポジションです。
そのため、しっかりと肩をファースト方向へ向けて投げることが必要になります
ですから、必然的にバッターに対する角度は左肩がファースト方向へ向いた角度で守ることになります。そして、打球を処理してから使える時間も一番短くなるポジションのため、打球に対して前にチャージしていくということが必要になってきます。

では、セカンドはというと、投げる距離が短くて良いためファーストへ肩を入れなくても安定をした送球が可能です。
ということは、肩を開きながらでも投げることができるのです。ですから、守る角度は左肩がファースト方向へ開き気味ということになります。そして、捕球をしてから使える時間も、ファーストへの距離がショートに比べて近いため、長く使えます。慌てて握りかえをする必要がないのです。ですから、後ろを守ることが出来て守備範囲が広くなるということが言えます。

今まで、ショートを守っていてセカンドにコンバートした。逆の、セカンドを守っていてショートにコンバートしたという選手がこのような問題について悩んでいるのではないでしょうか?他にも様々な原因があると思いますが一度、時間と角度について考えてみてください。そして、時間と角度を意識して練習に取り組んでみてください。きっと何か上手くいくヒントが見つかると思います。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!

About Author 〜著者について〜

今浪 隆博

今浪 隆博

1984年7月6日生まれ。福岡県北九州市出身。 平安高校、明治大学を経て2007年北海道日本ハムファイターズに入団。2014年東京ヤクルトスワローズに移籍。2017年現役引退。 現在は、選手時代の自身の病気の経験から、アスリートが抱える『メンタル面』での問題を解消し、より高い成果を出すためのサポートをしたいと一念発起し、スポーツメンタルコーチの資格取得し、メンタルコーチとして活動中。日本スポーツメンタルコーチ協会認定スポーツメンタルコーチ。