【プロスピA・選手評価】大島康徳 Sランク 2018 Series2 OB


大島康徳・打撃能力

選手評価

コメント

往年の中日ドラゴンズの主砲で、現在ガンの闘病生活を送りながらも野球解説者として人気が高い大島康徳選手がOBとして登場。

しかし打撃能力はほぼロペス選手と同じなので、守備能力が高いロペス選手には勝てないでしょう・・・。ですが、特殊能力で代打・改を持っているのでアーチスト・代打枠として重宝できる選手。

【守備適性】

大島康徳・守備適性

【特殊能力】

大島康徳・特殊能力

超アーチスト(超)

高角度・低スピンの打球が打てる

弾道がアーチストに変化

パワー中アップ +9

代打・改

代打の時に打力が上がる

パワー中アップ +8

ミート中アップ +8

プルヒッター

引っ張り方向への打球が失速しにくくなる

流し方向への打球が失速しやすくなる

パワー小アップ +5

コメント

1994年の43歳のシーズンに代打出場で打率.323・21安打・22打点の記録を残したレジェンド。代打・改と超アーチストの組み合わせで、恐怖の一発がある代打としてベンチに入れておくと心強い選手。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!