元阪神・西岡剛がBCリーグ栃木に入団

12日、BCリーグ栃木ゴールデンブレーブス(GB)は新入団選手を発表した。
その選手とは昨季限りで阪神を自由契約となった西岡剛選手だ。背番号は「1」。18日に記者会見を開く。

西岡選手は大阪桐蔭高校出身で2002年のドラフト1巡目で千葉ロッテに入団。2003-2010にロッテの中心選手として活躍し2度の日本一(2005、2010)に貢献。

2006年にWBC日本代表、2008年に五輪日本代表に内野手として選出される。

2011年に渡米しツインズで2年間プレーする。

2013年にNPBに復帰後、阪神タイガースで6年間プレーするが2018年10月に戦力外通告を受けた。

現役続行をかけて12球団合同トライアウトに参加する。

プロ通算1125試合に出場し1191安打、61本塁打、383打点、196盗塁、打率.288を記録する。

今季から栃木ゴールデンブレーブスの指揮を執る 元巨人・寺内崇幸監督の下、NPB復帰を目指す西岡選手の新たな挑戦に注目が集まる。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!