巨人の新外国人はメジャー20発のビヤヌエバ


パドレス20発の現役大物メジャーリーガー

日本球界に衝撃が走った。21日、巨人が新外国人として現役メジャーリーガーで右の長距離砲であるクリスチャン・ビヤヌエバ(27)内野手を獲得したと発表したからだ。

今季パドレスで正三塁手として110試合に出場し、主に3番や4番を任されチーム2位となる20本塁打を放った。

4月には1試合3本塁打を記録するなど打率.329 8本塁打 18打点と大暴れ、大谷翔平(ア・リーグ 打率.321 8本塁打 19打点)と共にナ・リーグの月間最優秀新人に選出されるなど将来が楽しみなメジャー若手株だった。

しかしここに来てのまさかの巨人入り、年棒は1年契約で総額200万ドル(2億2400万円)・背番号は33と発表されている。

巨人ではマギーが抜けた穴を埋める正一塁手としての起用になるとみられている。

原監督が復帰し、5年ぶりのV奪還を目指す原巨人にとって大きな戦力アップであることは間違いない。

来季は坂本・岡本・ビヤヌエバのクリーンナップに期待がかかる。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!