筒香が夢の実現へ、来季にメジャー挑戦か?

DeNA・筒香嘉智外野手(27)が先月30日、5千万円増の年棒4億円の契約を結んだ契約更改後の会見で、将来的なメジャー挑戦の意思があることを球団に伝えたことを明かした。

夢はメジャー

会見では、メジャーでプレーすることは小さい頃からの夢だったという筒香自身の気持ちを素直に語った。

もし筒香が海外フリーエージェント権取得予定の2021年以前にメジャー挑戦をする場合は球団の了承を得て、ポスティングシステムを利用しなければならない。

「筒香」という球団看板選手のメジャー挑戦の意思表明に対して、岡村信悟球団社長は横浜にとって大切な選手だが、本人の夢も大切にしたいという考えを口にした。

筒香のメジャー挑戦意思表明に対してファンからは、応援するとともに1998年以来の優勝・日本一を求める声が聞こえている。

メジャー経験のあるラミレス監督も、筒香がメジャーで3割30本100打点できるポテンシャルを持っていることを認め、筒香の夢を応援する姿勢を示している。

また松井秀樹(元巨人)や田中将大(元楽天)といったチームを優勝させてからメジャー挑戦を果たした選手らを引き合いに出し、筒香もそうなってくれることが球団としてもファンとしてもハッピーと来季の筒香への期待も口にした。

ファンへ恩返し

そんな夢の実現を目指す筒香だが、「今はメジャー挑戦は考えておらず、来季の優勝しか見えていない」と発言しており、まずはここまで育ててくれた球団・監督・コーチそしてファンへの恩返しを誓った。

今季の筒香は139試合で打率.295 38本塁打89打点といった結果に終わり、チームも4位と3年連続のクライマックスシリーズ進出を果たせず、球団としても筒香自身としても満足できないシーズンとなってしまった。

横浜はウィーランドが退団した以外は戦力がほとんど落ちていない。

さらに広島は丸が抜けセリーグ一強のバランスは崩れるだろう。来季は筒香がいる横浜最後の優勝のチャンスかもしれない。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!