巨人ドラ1・高橋、勝利投手となり球団の大卒新人で59年ぶりの快挙!

巨人のドラフト1位・高橋優貴投手が4日、阪神戦に先発しプロ初登板で6回1失点と好投し勝利投手の資格を獲得する。

巨人打線は先発の高橋と”同い年”の岡本をはじめとする一発攻勢で大量得点を奪う。

初回に坂本が左中間にヒットを放ち2死一塁で岡本が変化球を左中間越え2ランを放ち、先制する。

4回には坂本が3ラン、さらに5回にはこの日2本目の岡本と亀井の2者連続本塁打で5回終了時点で8-1としルーキー高橋を援護した。

この試合に巨人が10-1で勝利したことにより高橋は球団の大卒新人では1960(昭和35)年の青木宥明(ひろあき)以来の59年ぶりの快挙となる初登板勝利を記録。

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!