日米野球 侍ジャパンでも逆転の広島だ!

2勝1敗で迎えた第4戦はMLBオールスター先発は元広島のエース(現ドジャース)の前田健太・侍ジャパンの先発は現エース大瀬良大地と新旧エース対決が広島の地マツダスタジアムで行われた。

前田健太は元同僚の菊池をライトフライに打ち取るなど2回を1安打2奪三振と侍ジャパンに得点を許さない。対する大瀬良は2回にホームランで1点を失うも5回を2安打1失点とMLBオールスター打線を抑え込む。

マツダの地で逆転の広島魂が目覚める

打線はなかなか得点できず7回にも1点を追加され2点差で迎えた8回、1番秋山のランニングホームランでようやく1点を返す。

すると再び2点差にされた9回にマツダスタジアムのファンの声援に後押しされ逆転の広島魂が侍ジャパンに乗り移る。

先頭・田中和基が四球で出塁すると、盗塁で2塁に進み上林がセンターへタイムリーを放ち1点差に迫る。送りバントで1死2塁とすると1番田中広輔がセンターへしぶとく抜けるタイムリーで同点に追いつく。

こうなったら止まらない。田中広輔が盗塁と失策で3塁に進むと秋山は申告敬遠で1死1.3塁とチャンスは広がりバッターは菊池。

1ボールからの2球目を絶妙なセーフティスクイズで勝ち越し!「タナ・キク」コンビが広島野球を侍ジャパンで体現しMLBオールスターをかき回した瞬間であった。

3番柳田もたたきつける打球でさらに1点を追加し、最後は山崎康晃がしっかりと無失点で抑え勝利を収めた。これで侍ジャパンはこの日米野球での負け越しはなくなり、明日からは名古屋での2連戦となる。

日米野球第1戦 柳田サヨナラ弾!

日米野球第2戦 柳田4打数4安打!

日米野球第3戦 最強捕手モリーナ

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!