また逆転勝ち!侍ジャパン日米野球勝ち越し


侍ジャパンの先発・東浜は初回の1死2塁のピンチを切り抜けたものの2回にランナー1人置いて6番ホスキンスに先制2ランを浴びてしまう。

その裏にこのシリーズ不調だった5番岡本がセンターバックスクリーンへお目覚めの一発ですぐさま1点差に迫る。

勝ち越しがなくなり、もう負けられないMLBオールスターは、小刻みに得点し7回までに5対1と4点差をつける。

しかし今日も日本は終盤に驚異的な打線のつながりを見せる。

7回裏に先頭5番岡本がしぶとくライト前へ落とすと、上林は初球を打ってライト前へ痛烈な当たりで無死1.3塁。7番甲斐は右方向へおっつけ3連打で1点を返す。

その後相手投手のエラーもあり5対3と2点差とし、なお1死1.3塁で代打・山川。初球を振りぬいた打球は左中間を深々と破る同点タイムリー2ベースとなる。

こうなったらもう止まらない。8回には再び上林がヒットで出塁すると、続く甲斐が左中間を破る勝ち越しタイムリーを放ち、最後は松井裕樹が締めて勝利を収めた。

侍ジャパン
日米野球勝ち越し!

侍ジャパンは連夜の逆転勝利でこのシリーズの対戦成績を4勝1敗として、今年の日米野球の勝ち越しを決めた。

岡本・上林・甲斐の5・6・7番トリオで6安打3打点と上位打線がノーヒットの中で下位打線がいいつながりを見せてくれた。明日の最終戦も勝っていい形で今シーズンを締めくくってもらいたい。

日米野球第1戦 柳田サヨナラ弾!

日米野球第2戦 柳田4打数4安打!

日米野球第3戦 最強捕手モリーナ

日米野球第4戦 侍でも逆転の広島だ!

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!