5勝1敗で日米野球は侍ジャパンが完勝

侍ジャパンは西武勢の活躍で勝利し、この日米野球シリーズ5勝1敗と勝ち越しでMLBオールスターに大勝した。

侍ジャパンのスタメンは6番山川から1番秋山まで西武ライオンズの選手がぞろりと並んだ。そしてその西武勢が2回につながる。先頭山川が四球で出塁すると、7番森・8番外崎が連打で無死満塁とチャンスを広げる。ここで9番源田がライトへ走者一掃のタイムリー3ベースを放ち3点、源田も犠牲フライでホームに帰ってきて4点を先制する。

侍ジャパン先発の笠原は1.2回を三者凡退で抑えると、3回は1死1.3塁・4回は無死1.2塁のピンチを粘りのピッチングで凌ぐ。5回に1死1.2塁でヘルナンデスから三振を奪ったところで球数制限によりマウンドを岩貞に譲る。その岩貞が3番アクーニャJrを三振に切って取り笠原は4回2/3を無失点と好投を見せた。

その後佐藤がアクーニャJrにホームランを浴びるも最後は山崎康晃が3者凡退で抑えてこのシリーズ5勝目を挙げた。

この日米野球の激闘はこちら
日米野球第1戦 柳田サヨナラ弾!

日米野球第2戦 柳田4打数4安打!

日米野球第3戦 最強捕手モリーナ

日米野球第4戦 侍でも逆転の広島だ!

また逆転勝ち!侍ジャパン日米野球勝ち越し

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!