好投手玉木結大レアンドロは投打に活躍するも敗戦。

侍ジャパンU-23ワールドカップ 韓国相手に1点を死守!


侍ジャパンU-23ワールドカップ 韓国とのスーパーラウンド初戦を必死の継投策で死守し勝ち切った。

日本は初回に今大会絶好調の松尾大河・横浜がヒットで出塁するとすかさず盗塁を決め、4番内田靖人・楽天がレフトへ先制タイムリーを放ち一点を先制する。日本の先発は初戦の南アフリカ戦で6回無失点と好投した山崎颯一郎・オリックス、今日は毎回のようにピンチを招くもバックの助けもあり要所でしっかりと抑え今日も4回2/3を無失点に抑える。日本は6回に2死1塁から4番内田靖人が今大会3号となる2ランホームランで3点差に広げる。しかし7回に2死1塁から4者連続四死球で1点差に迫られなおも2死満塁のピンチだったが韓国5番を長井良太・広島がなんとかセカンドゴロに抑え同点は許さない。8回にも1死1.2塁とピンチを招くがバックの助けもあり無失点に抑え3対2と必死の継投策で1点差で逃げ切った。

今日のヒーロー
内田靖人・楽天

初回の先制打、6回には今大会3本目の2ランホームランを放つなど今日はチームの全打点をたたき出す活躍で勝利に大きく貢献した。

周東佑京・ソフトバンク

今日はヒットこそなかったものの精度の良い送球でライトから本塁刺殺を2回記録し、試合を通じて3捕殺を記録するなど守備でチームに大きく貢献した。周東がいなければ4対3で負けていたかもしれない。

侍ジャパン スタメン

1番(中)島田海吏・阪神 2番(遊)松尾大河・横浜 3番(左)岸里亮佑・日本ハム 4番(三)内田靖人・楽天 5番(一)安田尚憲・ロッテ 6番(指)宮澤義也・新日鐵住金かずさマジック 7番(捕)堀内謙伍 8番(二)西巻賢二・楽天 9番(右)周東佑京・ソフトバンク

試合ハイライト

BASEBALL FREAK!の
最新記事を受け取ろう!